スポンサードリンク

潰瘍性大腸炎と手術

潰瘍性大腸炎と手術潰瘍性大腸炎は、主に内科的治療をしていきますが、時には手術が必要になることもあります。


・劇症
・中毒性巨大結腸症
・大出血
・穿孔(腸がやぶれる)

などの場合、緊急手術となります。


その他にも薬があまり効かず、下痢・腹痛・貧血が続く場合、活動性のある部分の腸管を切除することがあります。


潰瘍性大腸炎は発症年齢が比較的に若く、人工肛門になった場合50年以上生活していかなければならなくなります。


以前は人工肛門を設置する手術が行われていましたが、現在では肛門を温存する方法が主流となっているようです。


手術以外の他の治療方法も研究されていますので、その方法も次の項目でお知らせしたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 潰瘍性大腸炎の検査
  2. 大腸内視鏡検査
  3. 潰瘍性大腸炎の内科的治療
  4. 潰瘍性大腸炎と合併症
  5. 潰瘍性大腸炎と白血球除去法
  6. 潰瘍性大腸炎とATM療法
  7. 潰瘍性大腸炎と大腸癌
  8. 潰瘍性大腸炎と漢方
  9. 潰瘍性大腸炎と乳酸菌

フィード