スポンサードリンク

大腸内視鏡検査

潰瘍性大腸炎の大腸内視鏡検査
潰瘍性大腸炎の大腸内視鏡検査は、年に1回は受けるので、すでに15回以上、私はベテランさんです(^_^)


病院によって多少違うかもしれませんが、ここでは大腸の内視鏡検査の流れをお話しします。


検査前日

消化のいいものを食べます。
最近では、レトルトの検査食を出されることが多いです。

ちなみに検査食は実費です。

そして、10時と14時にはコップ1杯以上の水を飲みます。

17時、早めの晩御飯を摂ります。

寝る前に下剤を飲みます。


検査当日

6時に起き、2(1.8)リットルの水で溶かした下剤を1~2時間かけて飲みます。
これはなかなか辛いです。

以前はペットボトルなどを用意しましたが、今は下剤の入れ物が容器になるようになっていて便利です。

「5分でコップ1杯を飲む」など、目標を決めて頑張って飲み切りましょう。

飲んでる最中からトイレに行きたくなり、最終的には水のような便に。

そして、トイレを気にしつつ病院に向かいます。

病院に着いたら検査着に着替え、点滴をして検査がはじまります。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 潰瘍性大腸炎の検査
  2. 潰瘍性大腸炎の内科的治療
  3. 潰瘍性大腸炎と合併症
  4. 潰瘍性大腸炎と手術
  5. 潰瘍性大腸炎と白血球除去法
  6. 潰瘍性大腸炎とATM療法
  7. 潰瘍性大腸炎と大腸癌
  8. 潰瘍性大腸炎と漢方
  9. 潰瘍性大腸炎と乳酸菌

フィード