スポンサードリンク

潰瘍性大腸炎の検査

潰瘍性大腸炎の検査潰瘍性大腸炎の検査ですが、まずは触診でした。


私の場合、直腸に炎症が集中しているので、痔と判断されてしまったわけです。しかし、その後も下血は治まらず、下痢・腹痛も出てくるような症状。


夜中に腹痛が襲って来て、立ち上がれなくなるほどになっていきました。そして病院で腸のバリウム検査や内視鏡検査をしました。


内視鏡検査とは、腸の中にカメラを入れる検査です。当時18歳の女の子には恥ずかしい検査でしたが、そんな事は言っていられません!


結局、内視鏡検査で粘膜の一部を取り検査してやっと「潰瘍性大腸炎」と診断されました。


内視鏡検査は、自分でも映像が見れるのですが、腸内の壁が白くなり、血管が鮮明に見えなくなっているのがわかります。


私の場合、血圧が低いので内視鏡検査中に痛み止めがあまり使えず、検査はとても辛いです。


個人差もありますし、先生の内視鏡の腕によっても、検査中の痛みは違うようです。

※内視鏡検査についての詳細は、当サイト大腸内視鏡検査をご覧ください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 大腸内視鏡検査
  2. 潰瘍性大腸炎の内科的治療
  3. 潰瘍性大腸炎と合併症
  4. 潰瘍性大腸炎と手術
  5. 潰瘍性大腸炎と白血球除去法
  6. 潰瘍性大腸炎とATM療法
  7. 潰瘍性大腸炎と大腸癌
  8. 潰瘍性大腸炎と漢方
  9. 潰瘍性大腸炎と乳酸菌

フィード