スポンサードリンク

潰瘍性大腸炎と環境の変化

潰瘍性大腸炎と環境の変化主治医の話によると、潰瘍性大腸炎は環境の変化もあまり良くないそうです。

対人関係など、ストレスになることが多いからと想像しています。


私の場合、発症したのは就職した年でした。

職場に恵まれ、転勤などの異動をしないで良いように配慮してもらえていたと思います。その上、
上司にも恵まれ、体調の悪い時で仕事が忙しくない時などは、更衣室で少し休ませてもらうこともありました。

配慮してもらっていることを考え、会社には休まずに行くようにしていました。
潰瘍性大腸炎の炎症が起きて、37度5分位の熱が続いていた時もです。

今では考えられませんが、若かったこともあるでしょう。私にとってそれが普通でした。


しかし、そうは言っても潰瘍性大腸炎の場合、あまり無理しない方が良いです。
悪化させると、長引くことになり、生活に支障をきたしますから。


潰瘍性大腸炎は若い人の発症が多いので、学生のうちに発症してしまった人もきっと多いと思います。就職活動には不利かもしれませんが、ずっと隠せるものではありません。

病気を理解してくれる会社もあると思います。

自分の熱意が大事だと思います、好きなことなら頑張れます!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 潰瘍性大腸炎と日常生活生活
  2. 潰瘍性大腸炎による体重増減
  3. 潰瘍性大腸炎と自己抗体
  4. 潰瘍性大腸炎と市販薬
  5. 潰瘍性大腸炎と保険

フィード