スポンサードリンク

潰瘍性大腸炎と大腸癌

潰瘍性大腸炎と大腸癌潰瘍性大腸炎の活動性が低くても炎症が長く続いていると、癌化する恐れがあります。


早期発見するためにも、内視鏡検査は年1回程度実施した方が良いと言われてます。


内視鏡検査でポリープ程度なら切除できますし、ポリープを切除しても程度によっては入院せず、その日に家に帰れることもあります。


私の場合、すでに発症して15年あまり。


更新書類に現在の病状を書くのでしょうがないのですが、特定疾患受給者票の更新の時期がやってくると先生から検査の勧めがあります。


検査は苦手ですが、まだ小さな子供もいますので、癌になるのは避けたい。
みなさんも定期的に検査は受けてくださいね。


ただし、検査自体がストレスになって病状が悪化してしまう人は、先生にきちんと相談してください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 潰瘍性大腸炎の検査
  2. 大腸内視鏡検査
  3. 潰瘍性大腸炎の内科的治療
  4. 潰瘍性大腸炎と合併症
  5. 潰瘍性大腸炎と手術
  6. 潰瘍性大腸炎と白血球除去法
  7. 潰瘍性大腸炎とATM療法
  8. 潰瘍性大腸炎と漢方
  9. 潰瘍性大腸炎と乳酸菌

フィード